FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理職の評価面談を経て今後すべきこと

以前の5月25日のエントリーで書きましたが、
上司から職場での緊張感を指摘されました。

その対策を練りました

【上司から指摘された問題点】
職場で緊張しすぎている。
この態度では今後のキャリアに影響する

【目標】
緊張感を適切にもつ

【目標を達成する手段】

①緊張の原因をさぐり対策をうつ
 →きわめて正統的で、伝統的な認知行動療法の仕方です。直球です。

 どういうときにどれくらい緊張しているのかをアセスメントします。
その中から緊張を増やすルールがなにかあるはずで、それを見つけます。
 逆に緊張しないシーンはどういう状況かさぐることで何を考えているか見つけます
 たとえば「報告はまちがってはいけない」とかです。
 
 ★アセスメントの骨子
 -------------------------------------------------
 日付 時刻 状況 不安度(SUD) 対処/回避行動    
 -------------------------------------------------
 
 
 
 -------------------------------------------------


②緊張感を与えない話し方を身に着ける
 →どちらかというと変化球です。

 緊張しない話し方はどういうものかを学び実践する方法です。
 トーン、声色、音調を緊張しないものに変えます
 言葉づかいも気を付けます
 これは緊張しない話し方がそもそもできる前提です。

 さて、緊張を与えない話し方ってどうなのでしょうか
 想像すれば、語尾が甘く、ゆっくり、低いトーンですね。
 逆に、短くすれば緊張しているなって感じがします。
 私は普段早口なので意識して練習する必要があります。
 緊張しないふりをすればいいわけです。

 呼吸法の観点からも有効で、緊張しているときは
 肺に息がたくさんあるにもかかわらず、吸おうとするときです。
 (気になる方は実際にしてみるとわかると思います)
 こういうときは息を吐ききることが有効です。
 
③場をこなし緊張感を下げる

 実際にサークルやボランティアに行って場慣れを試みます。
 またこれは管理職の方から「何かやっているか」と言われたときの対策でも
 あります。
 
 いろいろ検討したが、料理教室が候補に挙がってます。


【ベースラインの測定】
心理尺度は日本版社会恐怖尺度(SPS-J)改を用います。
毎週測定して変化を見ようと思います。

→うつ病ならBDI-Ⅱを用いますが、社交不安障害ならこれを使います。

☆【第1セッション(5/29 ~ 6/4)の測定結果】

心理尺度


☆【第1セッションまでの累計結果】

心理尺度の経緯


※問題点や目標の表現方法に問題がありますが
 このまま手段を実行していきたいと思います

↓↓ランキング参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
現在、27歳社会人(SE)

コンラット

Author:コンラット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。