スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセスメントをつかむ その1

あけましておめでとうございます。コンラットです。

さっそくですが、日々行っているアセスメント
を紹介します。題して「アセスメントをつかむ その1」とします。

非機能的認知に対してなぜそういう認知がでてきたのだろうと問うとアセスメントの把握がしやすくなります。
それを事例を通して紹介できればと思います。

【概要】
部会の準備中、イスが壊れていた。先輩がそれを私に指摘した時、どう答えていいのかわからなかった。

上記、概要に対してアセスメントを行います。

まず、状況を記入します。

【状況】
①部会(半年に1回行われる部全体で行われる会議)の準備中に時間が空いたので部屋で待機をしていた。
年の近い若手が多い。その中でAさん(20代後半)が私に「なんかイスがありえないことになっているんですけど…」と話しかけられたとき。

※肘掛けが壊れていかにもとれてしまいそうな格好になっていた。壊れている箇所はガムテープで補修されていた。

この時の状況を紙に書きだしました。

状況


【認知】
こういう話題を降られたとき、いろいろどう答えようか浮かぶのですが、どの方針を採用してどう話せばいいかわからない状況になります。

当時コメントする方針として思い浮かんだことは以下の3つです。

③-1「ガムテで補修って…」
   *状況説明パターン
③-2「ありえない方向で動くやん」
   *つっこむパターン
③-3 「え~」
   *感嘆するパターン

しばらく考える


「え、どうしよう」

「これを3つ話すとそれぞれ別の方向に話がいってしまう」

いろいろ自動思考が浮かびます。この間約1秒、つまり一瞬です。言葉というより感覚です。
最終的な判断は以下のとおりです

「とりあえず、ガムテで補修って言っておこう」

以上の過程を以下に記しました。

CIMG0300_convert_20130103005216.jpg



【感情】
上記の認知が思い浮かぶと下記の感情が
想起されます
⑥不安50 緊張50 不全感、なっとくしない60

また身体反応も生じます。
【身体反応】
⑦こわばる

結局、いろいろ思い浮かびながらも
愛想笑いをしました。
【行動】
⑧愛想笑いをした。


CIMG0301_convert_20130103005506.jpg



ここから詳細に検討を行いますが、
その際の視点があります。

○コツ
認知に対してなぜそう思ったのか自分に
 問う。それをすることで背景の思い(中核信念、スキーマ)を把握することができる

⑨「いろいろ話すことは浮かんだが何をどう選んでよいかわからない」

この自動思考に対して、「なぜ」という問いを自分に投げかけます。(自問自答)

なぜそう思うか。関係が近い人ならばそうならないのでは?
→「自分の言うことは受け入れてもらえるかと思っている。」

ここで、自分の考えを展開させます。
つっこみをいれます。

受け入れられたとはどういうことか。
→「会話は相手から何か言葉がかえってくることである。そのときに人は受け入れられる」

この考えは中核信念といわれます。
状況に依存しません。

一方、状況に依存した考えは自動思考といいます。


不全感を感じた理由は
⑩「自分の言葉は必ず文の形で返さないといけない」と思っているから。今回その形で表現できず不満である。
「会話とは感情に共有して進めるものだ
」と思っている。(会話に関する本から)


全体像とその思いの関係性を明らかにしました。
以上でアセスメントが終わりです。


以下は状況を記入する際のコツです。

・その光景が写真でとられたときを想像する。その「写真」の状況を記入する。
写真であるので、気持ちが状況に記入されることはない。

・新聞記者になったつもりで記入をする

・5W1H(いつ、どこで、だれが、なにを、?、どうやって)を考慮する


後日談

この事例は約半年前の事例です。
この後、実は私の他人に対する対人関係の仕方についてある気づきを得るのですが
この事例が非常に役に立ちました。

どういう気づきがありどう役に立ったかは、この後紹介するアセスメントの事例を
通してお伝えしようと思います。

システムの本稼働を控え、ばたばたしている時期なので
タイムリーにお伝えするのは厳しいですが、できる限りがんばろうと思います。

スポンサーサイト
プロフィール
現在、27歳社会人(SE)

コンラット

Author:コンラット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。