【2010年2月25日】

ひさしぶりの更新です。

あいかわらず、走りは怪我と
仕事では凡ミスとの戦いです…
できるようになった点もあるのですが、
なかなかです。

資格試験対策ですが、模試を申し込みました。
もう2カ月を切ってます。
以前の私なら投げてしまう衝動に追われます。
ですが、調べてみると、どうも
資格試験はたとえ状況がきびしくても
試験当日まで全力をつくすことが大切なようです。

今はいろいろ思うところはあるのですが、
上記の件を忘れずにやっていくしかないのだろうと思ってます。
スポンサーサイト

ちょっと

ブログを1週間程度休止します。

先週の木曜日(祝日)と土日で少し調子が
崩れてしまったので、立て直しに集中します。
(当ブログはこういうのばかりですが…)

申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

記録

さっそく実行してみました。

効果はあったと思います。
会社に着くまでに作業の流れをイメージし
あとはストップウォッチを実行しexcelに記録してみました。

回数を重ねれば時間は減ります。
時間がかかっているのは操作が手間取ってしまったり
ファイルの場所がわからない、などでした。
このあたりを減らせればもっと時間短縮が見込めるかもしれません。

purinto.jpg

認知行動療法と仕事のインタフェース

ここ1週間はほぼ毎日似たことの繰り返しでした。

仕事上の問題点がありまして、作業に時間がかかってしまいます。
これを認知行動療法によって対処してみます。

認知行動療法でまずするのは問題のアセスメントです。
問題がどうなっているか調査するのです。

このケースだと、作業を分解し一つ一つ時間を計測します。
おそらくそこから見えてくることがあるはずです。
そして目標時間を設定しそれを達成するには何ができるか
解決策を探ります。

明日実施し報告します。

最近私が関心があるのは仕事での困り事の解決策として認知行動療法を生かすことです。
うつ病、不安障害、人格障害…などさまざまな困り事に
CBTは有効性が示されています。
CBTは問題解決力をつけて問題に対処できるようにする治療法
ですので、別に精神疾患だけに効果があるという訳ではないはずです。
現にビジネス書を見ると認知行動療法に似ているものが
なくはないです。

認知行動療法と仕事のインタフェースについて
検討していこうと思います。

【2010年2月1日】

案の定といいますか、予想はしていたんですが、
シンスプリントになってしまいました。
(足の脛が痛くて走りにくい状態のことです。)

というわけで、走る頻度を減らしつつ足の筋トレ(スクワットなど)をしたい
と思います。

ここで無理して走ると再起不能になるので、
休めつつ様子見でいきたいと思います。
走りは大きい壁にきてます。初心者が克服しないと
いけない壁です。

仕事もまた壁にあたってます。新入社員が克服しないと
いけない壁です。

英語のリスニングもまた壁にあたってます。なかなか聞きとれる
ようになりません。

こんな感じで壁にあたりまくっております。
(くどいので言いませんが対人関係も苦戦中です)

人生は絶えず問題を私に出し続けます。
問われた存在として、私は正しい行為によって応答しなければなりません。

プロフィール
現在、27歳社会人(SE)

コンラット

Author:コンラット
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
人気ブログランキングへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
人気ブログランキングへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード